初心者でも始めやすい副業【おすすめ56選】 >>

当サイトはプロモーションが含まれています

モッピーから「ANAマイル・JALマイル」への交換ルートと特徴を解説

この記事では、ポイントサイト「モッピー」からANAマイルとJALマイルへの交換ルートとその特徴について詳しく解説します。

モッピーとは何か、ANAマイルとJALマイルへの交換ルートはどのようなものなのか、そしてそれぞれの交換ルートの特徴と注意点は何なのか、これらの情報を通じて、最適なマイル活用法を見つけていただくことを目指しています。モッピーを利用してANAマイルやJALマイルを効率よく貯めたいと考えている方はぜひご覧ください。

 

モッピーとは?

モッピーは日本国内の大手ポイントサイトの1つで、会員数は約900万人を超えています。

このサイトでは、オンラインショッピングをする、アンケートに回答する、ゲームをプレイするなどのアクションを通じてモッピーのポイントを獲得することができます。

 

特に魅力的なのは、モッピーのポイントをANAマイルやJALマイルに交換することが可能な点です。

これにより、普段の生活の中で手軽に航空マイルを貯めることができ、格安で航空券を手に入れたり、ビジネスクラスなどのアップグレードに利用したりすることが可能になります。

 

また、モッピーのポイントは1ポイント=1円の価値があり、最低交換ポイントは1,000ポイントとなっています。

このため、小額からでもマイルへの交換が可能で、日常生活の中でコツコツとポイントを貯めていくことで、大きな旅行などにも対応可能な航空マイルを得ることができます。

 

モッピーからANAマイルへの交換ルート

モッピーからANAマイルへの交換は2023年現在、代表的な2つのルートが存在します。以下に、代表的なルートについてご紹介しています。

 

【みずほルート】

  1. ポ各ポイントサイト
  2. Tポイントに交換(1,000P=1,000P)
  3. JRキューポに交換(1,000P=1,000P/JQ セゾンカード必須)
  4. 永久不滅ポイントに交換(1,000=200P)
  5. ANAマイルに交換(200P=700マイル/ANAマイレージみずほ必須)

 

【nimocaルート】

  1. 各ポイントサイト
  2. Pexポイントに交換(還元率:100%)
  3. nimocaポイントに交換(還元率:100%)
  4. ANAマイルに交換(還元率:70%/九州・函館の交換機が必須)

ただし、各交換ルートにはそれぞれ特定のカードが必要になるなど、使用条件が存在します。そのため、自身のライフスタイルやカードの所有状況に応じて、最適な交換ルートを選択することが重要です。

 

ANAマイルへの交換ルートの特徴と注意点

モッピーからANAマイルへの交換ルートには、各々特徴と注意点があります。

まず一番基本的な「モッピー」⇒「Tポイント」⇒「ANAマイル」ルートですが、このルートを利用する場合、モッピーからTポイントへの直接交換に8%の手数料が発生します。これは大きな損となり得るため、可能な限り避けるべきです。

 

一方、「モッピー」⇒「ANAマイル みずほルート」を利用すると、交換比率は約70%となります。これは高い交換率であり、効率的にマイルを獲得することができます。

ただし、このルートを利用するためには「JQセゾンカード」と「ANAマイレージみずほカード」が必要になるため、事前にこれらのカードを取得しておく必要があります。

 

それぞれのルートには利点と欠点がありますので、自身のライフスタイルやカードの所有状況に応じて選択することが重要です。

また、どのルートを選択するにせよ、ポイントをマイルに交換する際の手数料や交換レート、必要なカードなどの詳細を事前に確認しておくことが大切です。

 

モッピーからJALマイルへの交換ルート

モッピーからJALマイルへの交換も可能です。基本の交換レートは1,000ポイント⇒500JALマイルの50%ですが、定期的に行われるキャンペーンを利用すると、交換比率が実質80%になることもあります。

モッピーからJALマイルまたはANAマイルに直接交換する方法とその交換比率、時間について調査しました。

  • モッピーからJALマイルへの直接交換:
    – 交換比率は通常1,000ポイントで500マイル(50%)です。しかし、条件付きで実質80%の交換比率を得ることも可能です。具体的には、Moppyの12,000Pを6,000JALマイルに交換でき、追加でスカイボーナス4,500Pが付与されるので、実質7,500Pで6,000JALマイルとなります。
    – 交換には最大約4週間(土日祝除く)かかります。
    – 交換制限は24時間に1回、12,000ポイントまでです。
  • モッピーからANAマイルへの直接交換:
    – 最も単純な方法は、モッピー(2P)をTポイント(2ポイント)に交換し、それをANAマイル(1マイル)に交換するというものです。これは交換レートが50%ですが、大きな損失となるため避けるべきです。
    – モッピーからTポイントに直接交換すると8%の手数料が必要になります。

 

なお、ポイントをマイルに交換する際には、ポイントサイトによっては交換のポイント数や回数に制限があるため、いつでも好きなだけすぐに交換できるわけではない点をご了承ください。

以上が、MoppyからJALマイルまたはANAマイルへの直接交換に関する情報です。ただし、最適な交換ルートについては、情報が不足しています。

JALマイルやANAマイルへの交換にはさまざまなルートがあり、それぞれに独自の交換比率や手数料が適用されます。そのため、最適な交換ルートを見つけるには、個々のルートを調査し、交換比率と手数料を比較する必要があります。

 

まとめ

この記事では、モッピーからANAマイルとJALマイルへの交換ルートとそれぞれの特徴について詳しく見てきました。

モッピーを活用することで、ANAマイルやJALマイルを効率よく貯めることが可能です。ただし、交換ルートごとに特性や注意点がありますので、それらを理解した上で最適な方法を選択することが重要です。ANAマイルやJALマイルを効果的に貯めて、素敵な旅行やライフスタイルを楽しむためのぜひ活用してみてください。