初心者でも始めやすい副業【おすすめ56選】 >>

当サイトはプロモーションが含まれています

モッピーからANAマイルへの最適な交換ルートは?【全2種類解説】

この記事では、モッピーからANAマイルへの最適な交換ルートを全2種類にわたり詳細に解説します。直接交換ができない場合の対処法、みずほルートとnimocaルートのメリットとデメリット、それぞれの交換ルートで留意すべき注意点、そして交換に適したポイント数についてご説明します。

ポイントをANAマイルに交換する際に、どのルートが最適なのか、どのポイント数から交換を始めるべきなのかを知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

モッピーからANAマイルは直接交換ができない

モッピーからANAマイルへの直接交換はできません。それは、モッピーとANAが直接の提携関係を持っていないからです。

しかし、間接的なルートを通じてモッピーのポイントをANAマイルに変換することは可能です。これらの間接的なルートとは、何らかの媒体を経由してモッピーのポイントをANAマイルに交換する方法を指します。

具体的には、モッピーのポイントをまず他のポイントや電子マネーに交換し、その後それをANAマイルに交換するという流れになります。この記事では、その具体的な方法として「みずほルート」と「nimocaルート」の2つを紹介します。

 

みずほルート

みずほルートについてご紹介します。2023年現在では、モッピーからANAマイルへの交換率が70%となっており、このルートを用いればモッピーポイントをANAマイルへ交換する際に最大化することが可能です。

【みずほルート】

  1. モッピーでポイントを貯める
  2. Tポイントに交換(1,000P=1,000P)
  3. JRキューポに交換(1,000P=1,000P/JQ セゾンカード必須)
  4. 永久不滅ポイントに交換(1,000=200P)
  5. ANAマイルに交換(200P=700マイル/ANAマイレージみずほ必須)

 

メリット

  • 還元率が70%と高い
  • nimocaルートと違いWEBのみで交換が可能

 

デメリット

  • 必須クレジットカードが2枚必要
  • 移行日数が1ヶ月以上かかる
  • 交換回数が4

 

メリットやデメリットがありますので、自分にあった方法で交換することをおすすめします。

 

nimocaルート

【nimocaルート】

  1. モッピーポイントを貯める
  2. Pexポイントに交換(還元率:100%)
  3. nimocaポイントに交換(還元率:100%)
  4. ANAマイルに交換(還元率:70%/九州・函館の交換機が必須)

 

メリット

  • 還元率が70%と高い
  • 必須クレジットカードが1枚
  • 交換回数はみずほルートより少ない
  • 最短3週間と移行日数も少ない

 

デメリット

  • 九州・函館の交換機での手続きが必須

 

次に紹介するのが「nimocaルート」です。この方法は、モッピーのポイントを西日本鉄道の電子マネー「nimoca」に交換し、その後それをANAマイルに交換するというものです。

具体的には、まずモッピーからPexポイントへ交換し、次にnimocaへの交換を行います。その際の交換レートは各1ポイント=1ポイントで、最低交換単位は500ポイントからとなります。

 

その後、nimocaポイントをANAマイルに交換します。nimocaからANAマイルへの交換レートは1nimocaポイント=0.7マイルです。

このため、モッピーのポイントをANAマイルに交換するためには交換レートを意識しておくことがおすすめです。みずほルートと同程度の交換比率ですが、「九州・函館の交換機での手続き」が必須となっていることから、地域の縛りがあることに注意が必要です。

 

交換ルートの注意点

ANAマイルにモッピーのポイントを交換する際には、さまざまな注意点があります。交換ルートを選ぶ前に十分に理解しておくことで、円滑にポイントをマイルに交換することが可能となります。

一つ目は、交換レートの違いです。上記で説明したように、みずほルートとnimocaルートでは交換レートが異なります。また、それぞれのルートには最低交換単位が設定されており、その単位を下回るポイント数では交換ができません。

 

二つ目は、手数料や交換にかかる時間についてです。各ルートでは、交換に手数料が発生することがあります。また、ポイントからマイルへの交換には時間がかかる場合があり、その期間はルートにより異なります。

三つ目は、各ルートを利用するための条件です。みずほルートでは、みずほ銀行の口座が必要です。一方、nimocaルートではnimocaカードとnimocaポイントサービスへの登録が必要となります。これらの条件を満たすことで、初めてルートを利用することが可能となります。

これらの注意点を理解し、自分にとって最適なルートを選択することが重要です。

 

交換に適したポイント数

モッピーのポイントをANAマイルに交換する際には、交換に適したポイント数が存在します。その数は、どの交換ルートを利用するかによりますが、一般的には10,000ポイント以上が推奨されます。

ここで重要なのは、ポイントを一度に大量に交換することが一番効率的ということです。なぜなら、一度に大量のポイントを交換すればするほど、交換レートが改善し、より多くのマイルを獲得できるからです。

 

具体的には、みずほルートでは1,000ポイントから交換が可能ですが、10,000ポイント以上から交換レートが向上します。このルートでは、1,000ポイント当たりのマイル数が増えるため、10,000ポイント以上貯めてから交換することを推奨します。

また、nimocaルートでは、500ポイントから交換が可能ですが、同じく10,000ポイント以上から交換レートが向上します。nimocaルートでも、同じく10,000ポイント以上貯めてから交換することがおすすめです。

 

ただし、忘れてはならないのは、モッピーのポイントは交換申請をした瞬間から有効期限が始まるということです。

具体的には、申請から1年以内に使わないと失効します。したがって、ポイントの溜めすぎには注意が必要です。具体的な計画を立て、適度なペースでポイントを使い切ることが求められます。

 

また、一度に交換できるポイント数には上限があるため、それを超えないように気をつけてください。みずほルートでは一度に最大50,000ポイント、nimocaルートでは一度に最大30,000ポイントまでしか交換できません。

これらの上限を超えないように、効率的にポイントを溜め、交換することが重要となります。ポイントを把握し、自分の貯めたいマイル数や使用予定を考えながら、最適なタイミングでポイントを交換することが求められます。

ポイントの有効期限と交換レートを見比べ、うまくポイントを利用してマイルを最大限に増やしてい

 

まとめ

本記事では、モッピーからANAマイルへの最適な交換ルートを全2種類、みずほルートとnimocaルートについて詳しく解説しました。

どちらのルートも利用する際には、各ルート特有の注意点を把握しておくことが重要です。また、交換に適したポイント数についても触れましたので、これらの情報を参考に、効率的にマイルを貯める方法を見つけることができるでしょう。

それぞれの個人的な目的とリスク許容度に基づいて、最適な交換ルートを選択し、モッピーのポイントを最大限に活用しましょう。