初心者でも始めやすい副業【おすすめ56選】 >>

当サイトはプロモーションが含まれています

【モッピーからANAマイルへ】2023年最新の還元率と交換ルート徹底解説

この記事では、ポイントサイト「モッピー」を使用してANAマイルを効率的に貯める方法を徹底的に解説します。

モッピーとは何か、基本的な交換方法、そして2023年現在の最新情報として、みずほルートとnimocaルートの詳細な手順とそれぞれのメリット・デメリットについて詳しく紹介します。

また、これらの情報をもとに、自分にとって最適な交換ルートを選ぶ際のポイントについても触れます。ANAマイルの効率的な貯め方を知りたい方、モッピーを始めてみたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

モッピーとは何か?

モッピーとは、インターネット上で利用できるポイントサイトの一つであり、ユーザーがアンケートに回答したり、ショッピングをしたり、ゲームをしたりすることでポイントを貯めることができます。

また、貯めたポイントは、現金や電子マネー、各種ギフト券、そして航空マイルなどに交換することが可能です。特に、航空マイルへの交換は旅行好きにとって大変魅力的で、モッピーからANAマイルへの交換はその一例といえるでしょう。

 

モッピーの特徴の一つとして、高還元率のポイントが挙げられます。一般的に、モッピーではショッピングやサービスの利用によるポイント付与率が高く、大量のポイントを獲得するチャンスがあります。

そのため、モッピーをうまく利用することで、ANAマイルを大量に手に入れることが可能となります。

 

モッピーからANAマイルへの基本的な交換方法

モッピーのポイントをANAマイルに交換するためには、特定のルートを通る必要があります。直接的な交換はできません。

特に、高い還元率を求めるなら、「みずほルート」と「nimocaルート」が選択肢として挙げられます。これらは2023年現在で最も還元率が高いとされる方法で、モッピーのポイントを最大で70%の還元率でANAマイルに変えることが可能となります。

 

どちらのルートも一定の手順を踏む必要があり、それぞれに独特のメリット・デメリットがあります。後述の見出しで、これらのルートの詳細な手順とそのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

ルート選びは、自身のライフスタイルやマイルの使い方によって最適なものが変わるため、各ルートの特性を理解し、自分にとって最適な交換ルートを選択することが重要です。

 

みずほルートの詳細とメリット・デメリット

みずほルートは、モッピーからANAマイルへの交換ルートの一つです。このルートは具体的に以下の手順で進行します。

  1. モッピーのポイントをTポイントに交換(1,000P=1,000P)
  2. TポイントをJRキューポに交換(1,000P=1,000P)
  3. JRキューポを永久不滅ポイントに交換(1,000P=200P)
  4. 永久不滅ポイントをANAマイルに交換(200P=700マイル)

 

このルートのメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】
– 還元率が70%と高い:このルートを利用することで、ポイントを高い還元率でANAマイルに交換することが可能です。
– WEBでの交換が可能:全ての手続きがWEB上で行えますので、時間や場所に縛られることなく交換手続きが可能です。

【デメリット】
– 必要なクレジットカードが2枚:このルートを利用するためには、JQ セゾンカードとANAマイレージみずほの2枚のカードが必要です。
– 移行日数が1ヶ月以上:交換手続きからマイル化までに1ヶ月以上の時間が必要です。

 

nimocaルートの詳細とメリット・デメリット

nimocaルートは、モッピーからANAマイルへの交換ルートの一つです。具体的な手順は以下の通りです。

  1. モッピーのポイントをPexポイントに交換
  2. Pexポイントをnimocaポイントに交換
  3. nimocaポイントをANAマイルに交換

 

このルートのメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】
– 還元率が70%と高い:このルートもみずほルートと同じく、還元率が70%と高いです。
– 必要なクレジットカードが1枚:必要なクレジットカードが1枚だけなので、手続きが比較的シンプルです。
– 最短3週間の移行日数:交換手続きからマイル化までの時間が短いため、急な旅行計画にも対応可能です。

【デメリット】
– 九州・函館の交換機での手続きが必須:nimocaルートを利用するためには、九州・函館にある交換機での手続きが必須です。これは地理的な制約となります。

 

モッピーからANAマイルへの最適な交換ルート選びのポイント

最適な交換ルートを選ぶためには、いくつかの重要な観点があります。それぞれのルートは独自の特徴と利点、制約があるため、自分自身のライフスタイル、目標、優先事項によって最適なルートは異なります。

まず、還元率を重視するなら、「みずほルート」と「nimocaルート」が考えられます。これらのルートでは、モッピーのポイントを最大で70%の還元率でANAマイルに変えることが可能となります。

これらのルートを利用するためには、各ルートが必要とする特定のカードを所有していることが前提となります。したがって、これらのカードを持っていない場合は、新規でカードを取得するか、他のルートを選択する必要があります。

 

次に、交換の手間を考えるなら、「nimocaルート」が有利です。「nimocaルート」は「みずほルート」よりも交換回数が少なく、最短で3週間でポイントをマイルに変換することができます。

しかし、「nimocaルート」のデメリットとして、九州や函館の交換機を利用する必要があります。このため、これらの地域にアクセスが難しい場合は、「みずほルート」が適しているかもしれません。

また、交換にかかる時間も重要な観点です。「みずほルート」では、交換に1ヶ月以上の時間が必要です。時間が許すなら、「みずほルート」を選ぶのも一つの手段ですが、短時間でマイルを手に入れたい場合は、「nimocaルート」が適しています。

 

最後に、自分がどの程度マイルを使用するか、または貯めるかを考慮することも重要です。頻繁に旅行をする、あるいは特定の購入をマイルで行いたい場合、高還元率のルートを選ぶことが重要となるでしょう。

以上の要素を考慮して、自分にとって最適な交換ルートを選びましょう。ポイント交換は一見複雑に見えますが、一度理解してしまえば簡単です。そして、上手にポイントを活用することで、より豊かな旅行体験を得ることができます。

 

まとめ

この記事では、モッピーからANAマイルへの交換について、その基本的な方法と、2023年現在のみずほルートとnimocaルートの詳細を解説しました。

それぞれのルートが持つメリット・デメリットを理解することで、自分自身のライフスタイルやマイルの使用目的に合わせた最適な交換ルートを選択することが可能です。これらの情報を活用して、モッピーを最大限に利用し、ANAマイルの効率的な貯め方を実践してみてください。