初心者でも始めやすい副業【おすすめ56選】 >>

当サイトはプロモーションが含まれています

2023年最新!げん玉からANAマイルへの最適な還元率と交換方法

この記事では、2023年現在のげん玉からANAマイルへの還元率と交換ルートについて解説します。最新の交換方法に基づいて、みずほルートとnimocaルートのそれぞれの還元率、メリット、デメリットを比較し、効率的にANAマイルを貯めるためのおすすめの方法をご紹介します。

 

還元率と交換ルートについて

げん玉は、広告クリックやアンケート回答などの簡単なタスクを完了することでポイントを貯めることができるポイントサイトです。貯めたポイントは様々な商品やサービスと交換することが可能で、特に人気なのが航空会社のマイルへの交換です。

その中でもANAマイルへの交換は非常に効率的で、正しい方法を選べば高い還元率を実現することが可能です。

げん玉からANAマイルへの還元ルートには主に2つの方法があります。一つは「みずほルート」、もう一つは「nimocaルート」です。それぞれのルートには特徴とメリット、デメリットがありますので、自分のライフスタイルや目的に合わせて選ぶことが大切です。

 

みずほルート

みずほルートは、その名の通りみずほ銀行のサービスを利用する交換方法です。このルートを利用すると、げん玉のポイントをANAマイルに還元する際の還元率は70%と非常に高くなります。

また、全ての交換プロセスがWEB上で完結するため、どこからでも簡単に交換が可能です。

 

具体的な交換の流れは以下の通りです。

  1. げん玉でポイントを貯める
  2. Tポイントに交換(1,000P=1,000P)
  3. JRキューポに交換(1,000P=1,000P/JQ セゾンカード必須)
  4. 永久不滅ポイントに交換(1,000=200P)
  5. ANAマイルに交換(200P=700マイル/ANAマイレージみずほ必須)

 

このルートのメリットは還元率の高さとWEBのみでの交換が可能であることです。しかし、必須となるクレジットカードが2枚必要であることや、交換の回数が4回と多いこと、さらに移行日数が1ヶ月以上かかるというデメリットもあります。

これらの要素を考慮に入れながら、自分の生活スタイルに合ったルートを選択することが重要です。

 

nimocaルート

nimocaルートは、nimoca(ニモカ)という交通系ICカードを使用する交換方法です。

このルートでは、みずほルートと同じく還元率70%を実現できますが、必要となるクレジットカードは1枚だけとなります。さらに、交換の手続きも3つだけで済むため、みずほルートに比べて手間が少ないのが特徴です。

 

具体的な交換の流れは以下の通りです。

  1. げん玉でポイントを貯める
  2. Pexポイントに交換(還元率:100%)
  3. nimocaポイントに交換(還元率:100%)
  4. ANAマイルに交換(還元率:70%/九州・函館の交換機が必須)

 

nimocaルートの最大のメリットは、還元率が高いことと、クレジットカードが1枚しか必要とならないこと、そして交換の手続きが少ないことです。

また、移行日数も最短3週間とみずほルートに比べて短くなっています。しかし、デメリットとしては、交換手続きの一部を九州または函館の交換機で行う必要があることです。

これにより、対応エリア外の人にはこのルートが利用しづらいという状況が生まれています。これらの情報を総合的に考慮し、自分のライフスタイルや交換の効率を考えて最適なルートを選択しましょう。

 

メリット・デメリット比較

みずほルートとnimocaルートの2つの交換ルートはそれぞれメリットとデメリットがあります。以下に両ルートの特徴を比較し、各ルートの特性を理解するのに役立つ情報を提供します。

 

みずほルート

  • メリット:還元率が70%と高い。nimocaルートと違いWEBのみで交換が可能。
  • デメリット:必須クレジットカードが2枚必要。移行日数が1ヶ月以上かかる。交換回数が4回と多い。

 

nimocaルート

  • メリット:還元率が70%と高い。必須クレジットカードが1枚だけ。交換回数はみずほルートより少ない。最短3週間と移行日数も少ない。
  • デメリット:九州・函館の交換機での手続きが必須。

これらの特性を考慮して、自分のライフスタイルやポイント交換の頻度、必要なクレジットカード枚数などに基づいて最適なルートを選択してください。

 

げん玉からANAマイルへの交換【おすすめルート】

げん玉を使ってANAマイルを効率よく貯めるためのおすすめの交換ルートは、自分のライフスタイルや利便性によります。しかし、一般的には、nimocaルートが手間と時間を考慮した場合に最も効率的なルートと言えるでしょう。

nimocaルートでは、みずほルートと同等の高い還元率70%を享受しながら、クレジットカードは1枚だけ必要となります。さらに交換手続きも少なく、移行日数も最短3週間と少ないのが特徴です。

 

しかし、nimocaルートを利用するには九州または函館の交換機で手続きを行う必要があります。そのため、これらの地域にアクセスできる人にとっては最も効率的なルートと言えるでしょう。

これらの地域へのアクセスが難しい場合や、頻繁にマイルを交換したい人にとっては、みずほルートがおすすめです。

 

みずほルートはWebのみで交換が可能なので、場所を問わずに交換手続きが可能です。また、還元率も70%と高いため、大量のポイントをANAマイルに交換したい人にとっては最適な選択となるでしょう。

ただし、クレジットカードは2枚必要となり、移行日数が1ヶ月以上とやや長めです。さらに、交換回数が4回と多い点も留意してください。

 

いずれのルートもその人のライフスタイル、地理的な状況、またはマイルを貯める頻度などによって、最適なルートは変わる可能性があります。

げん玉で貯めたポイントをANAマイルに効率的に交換するためには、これらの特性を考慮に入れて、自分にとって最適なルートを選択することが重要です。

 

この記事を参考に、自分だけのANAマイル貯めの戦略を立てて、ぜひ効率的にマイルを貯めてみてください。そして、ANAマイルを使って思い出に残る素敵な旅行を計画してみてください。

旅行は新しい発見や体験、そしてリフレッシュのための最高の機会です。マイルをうまく使って、その機会を最大限に活用しましょう。

 

まとめ

2023年5月現在、げん玉からANAマイルへの変更ルートでは、みずほルートとnimocaルートがおすすめです。みずほルートは還元率が70%と高く、WEBのみで交換が可能ですが、必要なクレジットカードが2枚あり、移行日数が1ヶ月以上かかります。

一方、nimocaルートも還元率が70%と高く、必要なクレジットカードは1枚で済み、最短3週間での移行が可能ですが、九州・函館の交換機での手続きが必須です。それぞれのルートのメリット・デメリットを検討し、自分に合った方法で効率的にANAマイルを貯めましょう。